fc2ブログ
2012.10.09 隙間探しの夜

こんにちは。





関内でのライブで
お財布をなくしましてね。






素敵体験だったよあれは。








まず,ホームのベンチで寝てしまい
電車を2本逃す。




うちまでの終電なんかとっくにない。







とりあえず最終電車で蒲田まで。


そこからバブリーにタクシーに乗ったら
なぁんと財布がないではないかいっ!







まだ500mくらいしか走ってなかったので
運転手さんに言って降ろしてもらう。











そのまま交番へ。

紛失届を出し
警察官のおにーさんに


「お財布ないし電車もないし,今夜行くとこがないんです…」

と言ってみるも

「こちらとしては何もできません。」

と切り捨てられる。









1晩くらい匿ってくれると思ったのに,あまかったです。









仕方ないので

蒲田の街を徘徊。深夜2時。








住宅地とか歩きまくっていて
「ここなら寝れるかも」
なんて,民家と民家の間の細い隙間を
リアルに見て回る。







神社があって
「お墓なら逆に安全かも」
…と思うも閉まっていて入れず。










途中 ぶち猫くんと目が合い,

忍び足で近寄ったら逃げられ
でもまだこちらを見てるので

また忍び足で近寄ったら逃げられ…

そんなことを繰り返してるうちに
マンションの自転車置き場的な
きれいなコンクリートのスペースに辿り着き

ついに座り込み,体操座り。


そしたら猫くんも近寄ってきて,
やっと心を許してくれて
ふたりでにゃごにゃご。










しかし60分後に腕をがっつり引っ掻かき 去って行きました。




なんてゆう裏切り。











しかたないので再び徘徊。










4時頃に噴水のある大きな公園に辿り着き

ベンチでカップルがイチャついていたりして
「ここなら安全だ」と判断してベンチに落ち着く。





そこで始発までうとうとしていました。










PASMOにギリギリお金が入ってたので
職場まで直接行けましたよ,めでたしめでたし。











全然めでたくないですがね。








お酒で失敗…というのだろうか,
25歳にして人生初です。



お財布にカードも免許証も保険証も入ってたので
かなりのダメージでしたが。






でも,
ピアノでのギャラが1週間で23000円入ったのと

先月の家賃を何故か10000円多く払ってしまったのが戻ってきたのと

お店で15000円立て替えていたぶんが戻ってきたので


ふつーにリッチに1週間を切り抜けました。




保険証と免許証は再発行してもらったし
今週手続きすればカードも戻ってきます。







めでたいね。



めでたし めでたし。














でもあの日の夜は満月に近い丸い月と
星がとってもきれいで,




どう考えても危ない状況だったけど




なんだかちっとも恐怖や孤独を感じませんでした。





むしろなにかにほんのちょっとワクワクしていたかもしれません。


ほんのちょっとね。


1週間遅かったら
凍死してたかもしれませんが。












そんなこんなで

今 生きてるから
大丈夫ということです。







あの日からずっと
我ヲ捨ツルの,
パレスチナって曲が
鼓膜にこびりついているの。



秋に聴きたいバンドno1だね。



かこよす。










今夜はかぼちゃのポタージュをつくります。



さよなら。


スポンサーサイト





2ヶ月くらい前だったか
久々にHUBの兄さま方と喋って




マンドリンの大地さんに
「最近ライブこないやん,足洗ったん?」

と聞かれ

「いや,より健全な方向に進んでまして…」

みたいなこと言って






「最近 BAD ATTACKとスタジオ入ってるんです」

と言ったら

「お前,それはより危険な方に向かっとるやん」

と言われたのだけど

「ノムラはこの界隈で俺が思う一番ええ音出す奴や。」

って言っていた。








そんなそんなBAD ATTACKのライブに一緒に出演ラストフライデー。











ことの始まりはツイッター。


ノムラさんの 女性ボーカルを探してるっぽい呟きに
その時のテンションで何となく反応した私。


聞けば,我ヲ捨ツルのカバーををするのに
女性パートを歌ってくれるボーカルを探している

…とのこと。






直接話したことはなかったけど
BAD ATTACKは前から好きで


我ヲ捨ツルも知っていたし
なんか面白そうと思ったので
その時のテンションで何となく「やりたいです」…と。













私がバンドをできなかった理由に

自分のことを愛せないからってのがあって,


自分が書いた歌詞に曲を作ってもらっても
「違う」って思ってしまい
でもその違和感を言葉にできない自分が嫌になってしまったし




自分で書いた歌詞すら何日か経って見てみたら
吐き気を覚えるほど嫌なものに思えて,

いくらメンバーが良いと言ってくれても
絶っっ対にそんなの歌いたくないと思ったし




それで「嗚呼,私にはゼロから何かを生み出すというのは無理だ。」と思って,それでやめた。







でも歌うのは好きだし
既存の曲をカラオケでひとりで大声で歌うのは
私の生き甲斐で。










だからなんかちょっと言い方悪いけど


人の曲を歌える。
しかもBAD ATTACKと。

…というのは,最高に良い機会でした。









我ヲ捨ツルの曲は言葉が難しくて
詩の内容も実はよく分かっていなくて






でも当日,ライブを見て,そのかっこよさに本当に鳥肌がたちました。

ライブで見なきゃダメだよ,我ヲ捨ツルは。
いろいろなイメージを超越してくる,かっこいいです,本当。


詩の意味が生の音や小菅さんの風貌やステージ全部に現れてる気がしました。
めちゃくちゃかっこよかったです。






それで,そんな我ヲ捨ツルの曲を自分が歌うんだと思うと
直前に俄然やる気が出て

そしてそれをBAD ATTACKが鳴らしているのが更に超カッコよくて


私はというと歌詞をところどころ間違えたし
入るところも間違えたけれど

最高な気分でステージに立てました。


我ヲ捨ツルさん,
BAD ATTACKさん,
ありがとうございます。








袖にはけた瞬間に真っ先にドラムのショー太さんが

「またやりたいね,もったいないよ!3人だけの時には絶対になれない種類の笑顔になれた!俺,終始笑ってたからね」

と満面の笑顔で言ってくれたのがとっても嬉しかったです。





そしてノムラさんの額には信じられないくらいデカイ瘤と傷がっ。
えっ ステージで何があったの?









私の初ライブはそんな感じで幕を下ろしました,楽しかったです!



その後の楽しい打ち上げと
打ち上げ後の最悪な夜については

また気が向いたら続くっ









ライブ後のここ3日で2年ぶりくらいに体重が47キロを割りました。

体が軽い~