fc2ブログ


女は
女として産まれるのではない。
女になるのだ。


…みたいな言葉。


誰の言葉だっけ
ニーチェだっけか?














「結婚ラッシュ」というものが同級生の間で始まっている。


こういうことなんだね。


こういうことなんだね。









人生に「平均」も「一般的」もないけれど





大学を卒業して,
大手企業に就職して,
25歳で結婚を決めたたくさんの同級生を見て,




「これが正規ルートなんだろうな。」と思う。









そしてきっとこれから先



同級生が挙って子供を産み,

挙って入園式とか入学式とか,

たまに会えば旦那のパパっぷりとか,
子供のお弁当の話題で盛り上がって…







私はたぶん死ぬまで,

その正規ルートを進んでゆくたくさんの同級生との差を
随所随所で感じ続けるんだろうな。


少し悲しい気持ちになりながら。



















結婚でもしようかな,
と歯を磨きながら思った。






入学 とか 卒業 とか 就職 とか

人生にはいろいろな,きっかけ になる通過点があるけど
年齢的に,次のそれは,結婚なんじゃなかろうか。









でも結婚は残念ながら1人ではできないし,



それに多分,今こんな状態で結婚願望を口にするなんて
逃げでしかないです,多分。

結婚でもすれば
どこかにおさまれる…という。


理由が欲しいだけです。




でも
何からにげているのか
何で逃げているのか
なにもかもが分からなくて,今,
それでも大きな疑問符が
今はっきりと私の中で存在感を浮き上がらせています。




今日もピストルさん
明日もピストルさん





きっとこういう中でピストルさんに出会ったのは
運命だったんだろうな,と思う。










結婚は まだしません。

スポンサーサイト




チケット予約したんだけど

吉祥寺まで行く気分的な余裕がなかった残念な昨日。






靴の革が
いつも同じとこが剥げる。
親指の骨のつけねの辺り。

昨日買った靴が
既に少し禿げてて
衝撃的な悲しさなう。


安かった訳じゃないのに。

歩き方が悪いのかな。

気をつけよ。














「もしもこうだったら」ってゆう
最高の妄想をしたら



それに付随する,自分にとって不利な事柄も全部魅力的に見えてきて,
人生に光が射したような気がした。


でも妄想は妄想で

しかも,頑張ったところで実現しない類いの妄想です。


…って思ったら

妄想をする前より迷いが大きくなった。









なんか柄にもなく「彼氏が欲しいな」と思っている。

いや,違う。 「パートナー」だな。


彼氏ってゆうものがどうゆうものかよく分からないけれど。


互いが自分の人生を生きる上で
守るものを尊重し合えて
しかも力になり合える,

そんな「パートナー」。




…と言ってはみるものの

正直なところ
今の自分に迷いしかなくて,守りたいものも霞んでいるから,


誰かのそれに全力でついて行きたいだけです。





今の私,なんだかすべてを捨てられる気がする。
身軽 身軽。
すっからかん。








かっこいいなぁ,と思う人には

かっこいいと思われたい。

そういう部分がある人間になりたい。





私は,やっぱり,
自分が女だということに
心の底で負い目を感じているのだろう。




最近の,今この瞬間に自分に何もないことが悔しい。









かっこいい男の人が大好きだ。

かっこよくない男の人には興味がない。

だったら私に男である権利を譲ってよとさえ思ってしまう。










今日は
100万円と苦虫女見ながら寝よう。




竹原ピストルさんは歌う前に必ず,
どういう状況で作った曲かとか,
誰を思って作った曲かとか話していて,



それも相まって
1曲1曲が凄く泣けた。







睡眠薬で自ら命を絶ったんだろうか。

ピストルさんのライブによく来ていたという「ひろ」という男の子に宛てた曲があって
なんだかそれが今凄く心に残っている。








ピストルさんがあげたギターでライブをする「ひろ」さんと
最前列で野次るピストルさん
見てみたかったなぁ。











「大切なのは走り続けることじゃない。
走り始め続けることだ。」



嗚呼,死ぬほど素敵だ。




どうやったらあんな素敵なこと言える人間になれるの?

てゆうか
どうやったらあんな素敵なこと言える人間に愛されるような女になれますか?






もはもは。












竹原ピストルからの
さや侍からの
松本人志で


まっちゃんが「遺書」で書いてた気がするようなことで共感したことを

タイトルにしてみました。








昔は死ぬほど人見知り激しかったけど

音楽に深く漬かって
ライブハウスに通うようになって
いつの間にやら人見知りのひの字もなくなっていました。





でも,自ら話しかける…ということは
今でもできない。

いや,しないのか。

必要性を感じない限り。

学校じゃあるまいし
ひとりでいることがおかしい訳じゃない。





そんな私が珍しく必要性を感じて自ら話しかけて友達になったりささんと
昨日はライブに行きました。






楽しかった
めちゃくちゃ楽しかった。







2日連続のBAD ATTACKはもちろん

ピストルさんもそうだし
リトルキヨシというバンドがものっそ良かった。

泣いた。









なにより終わった後に
出演者さんと話せたのが嬉しかった。









ふだんひとりでライブに行く私は
絶っっ対に自ら人に話しかけないし
終わった瞬間外に出て帰路につく。









BAD ATTACKなんて
なんども一緒にスタジオ入って
好きなグラビアアイドルのおっぱいの形とかまで話したのに

ライブハウスで絶対に話しかけない。



昨日はちゃんと話せたし



ピストルさん本人からCD買えたし
見に来ていた我ヲ捨ツルの小菅さんにも愛の告白ができた。




楽しかった,楽しすぎて
帰りはりささんと手をつないで卑猥な話をしながら千鳥足。






毎回毎回は気が向かないけど
たまには人とライブに行くのもいいね。



かっこいいと思う人と喋るのって嬉しくてドキドキするね。










やっぱりまだ人見知りは抜け出せてないのかな。










これからジムで走りまくる。


iPodの充電きれそうなのが不安だなぁ…

音楽とかやってると

…音楽に限らずなんでもそうだけど,





どんなにたくさんの人に
「いい」って言われてても
「好き」って思われてても


絶っ対に`賛否両論'の
`否'の声も聞こえるもので。
(…そこには羨望や嫉妬も混じっている場合もあるだろうけど。)









でもBAD ATTACKの,
特にノムラさんに関しては,

「好き」とか「いい」とか「凄い」とか

そうゆうことしか聞いたことがない。





音楽なんて,
ましてやバンドなんて,
批判する人とかいっぱいいるじゃんね。



私だって,
よく知りもしないバンド
よく聞きもしないで
「あんまよくないなあー」
って言ったりするし。
…ごめんなさい。










でもノムラさんに対しては
本っっ当にそれがない。



なんなんだろう,
この奇跡。



なんなんだろう。



なんなんでしょうね。




その答えは
普通に喋ってる中には見つからないんだけど



歌詞よんでると
切ないくらいにノムラさんのこと好きーって思うの。

そしてライブ行くと
それ以上のものを返してもらえてる気になれて,すっっごく幸せになるの。


わくわくしてどきどきして
たまらなくなるの。



本当に本当に本当に
あーーー 好きーー









本日レコ発ワンマン
幸せすぎでした。

思い出すだけでも
嗚呼 幸せ。


きっと,それは私だけじゃなくて,
あの空間にいた全員がそうだったから,
だからこんなに幸せなんです。

3人ともめちゃくちゃ素敵で
もう,一点の曇りもなく
ただただかっこよかった。







BAD ATTACK

好きです。 大好き。










なんだか今幸せすぎて眠りたくないけど
明日5時起きで遅刻できないので
寝なきゃ。


夢の中でもBAD ATTACKを聴いていたいな。





おやすみ。


ただの興味とか勢いとか思い付きなのかもしれないけど

今,やりたいことがたくさんある。






しかもその1つ1つが
同じ目標に向かっている。

同じゴールを見据えた上で
やりたいって思う,
やらなきゃって思う。










私には夢があって
それを形にするために今ここにいるつもりなのだけど

もっと もっと…と思う気持ちが
今収まらない。



でも「現実」というものも見なくてはいけない…それが一番だな。

いやはや世知辛いです。
















電車の中で大分ふくよかな女の子が
口に手をあてて
思いっきり「ハクション」とした後

その手を自分のコートで拭いてから
彼氏のジャケットで拭いた。





衝撃!!!!!!!!!!!!





…と思ってもう一回見たら
口の中のガムを舌の上にのせて彼氏に見せてた。

衝撃すぎすぎる。








私 今あの女の子のことを凄く軽蔑してます。


あぁ なんか嫌だなぁ。







自分自身のこの感情も
今とても嫌だ。













忘れろ忘れろ

忘れるんだ,頑張れ自分。












思い描けることは実現できる。

目を瞑れば簡単に思い描けるこの未来像は
絶対に実現できる。 はず。



とりあえず,明日から
珈琲を飲むことを日課にするよ。

さよなら。