fc2ブログ


とってもとっても
悲しいというか切ないというかやるせないことがあって
昨日の夜,大号泣した。


なんでわたしこうなんだろうなんでわたしこうなんだろうって思ったら
過呼吸が止まらなくなってしまい


心を落ち着けるために,

布団を敷いているすのこの下に,半ばお守りのように忍ばせているカミソリを探したけれど見つからなくて
余計に悲しくなった。




同時に,そんな時でも
「夏だし,腕はやめよう。」とか
「ジムでお風呂入るし,太股もダメだ。」とか
冷静になってしまう自分に呆れた。





だけど
大袈裟ではなく昨日は
本当に自分のこと殺しかねなくて,
少しでもそれを沈めるために野狐禅のCDを流したら
不思議なほど落ち着いて


カッターで自分の左手の手相をなぞっていたら
鈍い痛みが呼吸を落ち着けてくれて
あっという間に眠れた。
私ってお気楽。


カッターの刃が出しっぱなしだったので
夢の中にまでカッターや血が登場,おかげで早く目覚めることができましたよ。


















自分のこと責め立てたり
自分ひとりで「わー」となるのなんて
ほんとは簡単なことで

落ち着いて考えれば


私の存在が
誰かのことを傷付けてしまったり
本気で怒らせてしまったり
邪魔をしてしまったかもしれなくて

まずそれをちゃんと反省して,
謝罪の気持ちを持たなきゃいけないよな。
伝えることが叶わなくても。




優しくないな。
私。
自己中すぎて笑ってしまう。





また自分の中の何かを諦めた。望んではいけないんだということに,いい加減気づいて認めた。









すっきり。

















たまに思い出したように連絡してきて,お酒を飲んで抱き合う関係の男の人から何ヶ月ぶりかにまた連絡がきた。恋しくなったのかい?私の体が。 体だけが。どーしてくれてもいーよ,もう。











電車で向かいの女の子が
明らかにケーキが入ってるようの箱を
地面と垂直の向きに傾けて持ってる。

いいのかい?

今日は余計なこと考えずに
早く寝よう。


スポンサーサイト



2013.06.23 原爆の残り火


それぞれにそれぞれの考え方があるけれど

私は満たされることなく生きていたいな。




悪く言うと
常に不平不満を感じながら生きていたい。







そうじゃないと
自分が住んでいる国がいかに平和な国かを
いかなる瞬間にも気づけない気がするから。





常に気づける自分でいたい。






平和 という大大大前提の上にしか
私の生活も感情も生まれないのだから。






…なんだかそんなよく分からないことを
キャンドルの火を見ながら思いました。












充実した休日を過ごしました。 いやぁ本当に。












長時間電車に揺られて
奥多摩へ。

アースガーデンというカフェにお昼を食べに。




ここ,前に雑誌で見て
山の中,川の上という
すんばらしい環境に惹かれて,行きたいなーと,なーんとなく長い間思っていた以外のなにものでもなかったのだけど






なななんと,ここのオーナーさんは女優の「石田えり」さんの妹さんなんですって!!!!

びびびっくり!!!!

突如として運命を感じました!!!!








だって私,子供の頃からずっと,名前を書くと
「女優さんと同じだねー」とか
「聞いたことある名前だなー」と言われ続けてきたし,


テレビ欄とかに名前見つけると,マーカーで線引いちゃってたりして,


謎のライバル意識を燃やしていたので(笑)



こんな形で繋がれるとは…









こんばんは。

石田 えりです。










ご飯もとても美味しかったし,
雨が降る中のテラス席ですごく心が落ち着いて,

すごくよかった。


また行く! 絶対行く!













そしてまた長時間電車に揺られて
夕方からは国分寺のカフェスローへ。


キャンドルナイトライブ。


キャンドルナイトて初めてだったのだけど
火ってなにか不思議な力がありますね。


しかも今日使われていた火は,
広島原爆の残り火なんですって。


本当に当時の火を
今までずっとずっと保管されてる方がいて
それを遥々持ってきて下さったんですって。




「戦争がなくなりますように」とか
「世界中の子供達に平和が訪れますように」とか
真っっっ直ぐに思いました。




即興で奏でられるピアノもパーカッションも
とても素敵だった。












朝から晩まで
自分とすごーく対話できた1日でした。




迷いが深くなった部分もあるけれど

明日からまた
少しずつゆっくり歩いていこう。









今日出会ったいろんな場所や人に
心から感謝。



おやすみなさい。





万沙子に

「誰とでも寝れる?」って聞いたら
驚きの答えが返ってきた。


万沙子の名誉のために
その内容は言わないでおこう。
…とか言ってる時点で
万沙子の名誉は既に半減。







何年も前の私のメールを励みにしてる…とかいう万沙子に
心底飽きれつつ,

万沙子の強さにびっくりする。

私ももっと強くならなければいけないし
きちんとぶれない心を持たなきゃいけない。









さびしくなったら
好きな場所に行き
好きな舞台を観て
好きな人の写真みる

…んだって万沙子に教わった。

そうだね,そうすればきっと大概乗り越えられる。
今までもこれからも。











仕事の前に
雑司ヶ谷にあるキアズマ珈琲に行ってみた。

すごくすごく気に入った。

何年も前から私の居場所だったみたい。




ちょっと雨がふる外の風を感じながら
琵琶がなっている木を見ていた。

高校の校庭にも
食べると第一志望の大学が受かるってゆう琵琶の木があった。




ちょっとくらいの雨じゃ傘なんていらないくらい木の葉っぱが頭上に広がってる。

あの辺り凄く好き。





あんな素敵な道や場所が
都会の陰にたくさんたくさんあるんだろうと思うと

日本中の全ての道を歩いてみたくなる。

伊能忠敬みたいに。








これから仕事っ


「おまけ」
みたいな感じで今いる。



たまーに,ごくたまーに(1年に2回くらい)
私は死ぬんだけど,

前に死んだのはいつだっけ?
と考えると




昨日の昼だな,たぶん。












バスに乗っていて
15分くらいの距離で
そりゃあもう大爆睡しちゃって


終点の停留所で主婦集団に肩たたかれて
「着きましたよ!!」って起こされたのです。



あの時に多分死んだんだな。

その後に電車で2時間くらいまた爆睡して

あとはもう上の空。












過去に1度
キリスト教徒のクリスマス会に行ったことがある。


お母さんに連れられて家出をしていて,
その時に。



あんまし,その会自体の鮮明な記憶はないんだけどね。



最初に聖書みたいのを誰かが読んで
みんないたるところで「イエス様」って呟いたりとか多分していて
子供ながらに「怖いな」と思った。


でもそのあとの出し物みたいのとかは面白くて

その当時の私の生活の中で
久々に楽しい時間だった。


なんだかみんな
隣の人を大切にして
自分のコミュニティーを愛し
密やかな優しい空間だと思った。









その帰りにファミレスに行って
「クリスマスなのにごめんね」ってお母さんに言われた。

あの時
なにを食べたんだろう。
なにを喋ったんだろう。






それから荷物をたくさん持ってお母さんの実家に行った。









いろんな人が泣いていたけど
私は一度も泣かなかった。


だって本当に悲しくなかったし悔しくなかったから。泣けない自分が申し訳ないとさえ思った。けど今でもきっと泣かない。私はそんなに泣けない。 冷たい人間だ,とてもとても。


















ジムで汗をかく。

生きてる感覚を思い出すために。













この文章を読んで
もし気分を害してしまった方がいたら
ごめんなさい。


2ヶ月以上前にした火傷の痕が消えない。

消えないのかな,これ。

別にいいけど。













鬼束ちひろの特集のユリイカを読んで

いろいろな感情になってる。






なんか,メイクとかその奥にある眼の深みが似てるなぁと思って
AV女優のやまぐちりこを思い出した。

作品見たことないけど。

なんか気になってしまう。あのこ。














死ぬとか生きるとかゆうことを
今凄く考えている。


昨日ジュンク堂に行って
心理学の本とか読み耽って

楽しかったってゆったら違うけど
濃厚な時間を過ごせた。
学生時代もよく,空き時間にジュンク堂でこんな時間を過ごした。





ユリイカ読んでて
キャシー・カルースのトラウマに対する言葉で凄く印象的な言葉があって
彼の考えをもっと知りたくなって本を捲ったけど,
私の中に別に,何かに対するトラウマみたいなものはないな,と思った。






でもこうゆうの良くない。

自分のよくないところを
何かのせいだと思ったり
何か理由を探したり

本当 よくないな。


よくないよくない。
全部がよくない。











仕事のかえりにちょっと寄り道して
神保町を歩くのが好きです。


純喫茶がいっぱいあるので
日毎にちょっとずつ距離を伸ばして
いろんなお店の珈琲を飲んでいます,この私が。



今いるお店は
一応 名曲喫茶って名前に入ってて
ショパンばかり流れてるのだけど


こうやって,流れてるクラシックの曲名や作品番号が全部分かるのって
かっこいいことかもしれない。








珈琲の味の違いが
まだまだ少しも分からないけど

美味しい珈琲がいれられるようになりたいです。














想像がつかないくらいたくさん時間が流れたら
きっと天国にいるおじいちゃんやおばあちゃんにも会えるだろう。けど

想像がつかないくらいたくさん時間が流れても
もう会えない,世界のどこかで生きている友達もたくさんいる。




想像がつかないくらい
たくさんの時間の中で

私はあとどれくらい
もう会えない人を恋しく思ったり悲しくなったりするのだろう。






今までの,

0歳から25歳までの,

全部を

吐き出す感じで吸い込む。

珈琲 苦い。





全部書き出したら

26歳に追い付くまでに

きっともっと年をとってしまうかな。




その差はどう埋めよう。



ごめんなさい
ありがとう
またね
さよなら。









そろそろ帰ろう。

2013.06.13 ともこちゃん

幼稚園の時に
ともこちゃんという子がいて
ある日から幼稚園にいなくなってしまって

別に「どうしたんだろうね」とか誰も言わなかったし
そのことが話題になることもなかった。

幼稚園生なんてそんなもんだろう。



だけど私は
ともこちゃんがおばぁちゃんに育てられていたこととか,
なんとなく大人達の出す空気から察して,

聞いちゃいけないなにかがあるんだろうな…と思っていた。






そのともこちゃんと
スイミングスクールで再会した。

大きいお姉さん達に交ざってちびっこは私達だけだったので
なにかと喋ることが多く,
私はなんだか嬉しかった。


でもそこでも数回で
ともこちゃんの姿を見なくなった。












もしかしたらいろいろな記憶が違っているかもしれないけれど

幼いころの,幼いながらのこういう気持ちを

何故かたまにふと思い出して
せつなくなったりする。











元気かなともこちゃん。

背が高くて手足が長くて
ほっぺにうっすら,水疱瘡の痕があって
それがえくぼみたいで可愛かった。













…と言いつつ

もしかしたら全てが私の頭のなかの出来事で
あるいは初めから
ともこちゃんなんていなかったのかもしれないけど。












今日は休みで
高崎か益子に行こうかな,とうっすら思っていたけど
起きたら9時で,
遠出できる時間でもないか…と思いやめた。



だらだらとYouTubeを見ながらどこいこーかなーと考え,

時間の経過に比例して
行く場所候補がどんどん近くなり,

やっとこ家を出て今
久っ々に下北。








適当に歩いて
目に入った1軒目のカフェが

Stay Happyという,
名前だけ知ってて,そのイベントとかコンセプトが
前々から気になってたカフェだった。



ぷちハッピー


プチはっぴー





…後者のが可愛いな。










珈琲だって美味しく飲めちゃう。




今日は,笑顔を休める日にしよう。


…無愛想なお店のご主人を見て今の決意。




2013.06.12 6月は憂鬱


鎌倉行きたいな。


鎌倉ってとても好きなんだけど
思い出すと,
何か悲しいとか寂しいとか,雨とか寒いとか,そういうことも一緒に付いてきて,


一重に穏やかな気持ちになれるような思い出がない。不思議。


















昨日泣きながらどうしよもなくなって万沙子にメールしたら
すぐに返事が返ってきた。




あーゆー状況の時に
あーゆー状況の時だけに

すぐに返事をくれる万沙子に救われる。











いろいろなことが
もうよく分からないので
誰かに教えて欲しい。




何かにひかれて
粉々になって飛び散る自分をリアルに想像した。

やだな,6月はやだな
なんとなく。






別にさー

別に,
どーでもいーのだよ。


2013.06.08

急に悲しくなって
急にいくらでも泣ける。
なんなんだろうこれ。
なんでこうなんだろう。
病気かな。
声を出すところがどこにもない。
私さえこんなんじゃなければ
私はもっと生き易かったんじゃなかろうかと。
どうしよもないのか
これからどうにかできるのか。
こんな,理由もなく悲しくなって涙と鼻水をとめられない夜を
みんなどれくらい過ごしているの?
わざとかい わざとなのかい?

「だいじょうぶ

深呼吸ゆっくり

えりぽ」

1回仰向けになって深呼吸。
耳に入ってきた涙が冷たい。
深く深ーく。

タオルを口に軽くあてて
呼吸を整える,そう

感情が知らない誰かに犯されてく、
そう 寝れば大丈夫。

2013.06.08


太陽が沈むって
太陽がだんだん見えなくなっていくイメージだけど



沈んで行く太陽に雲が重なって
雲のしたからにょきにょきと
夕陽が少しずつ見えてくるのがなんだかとても不思議で幻想的。


真っ赤。

大きい。






土曜日の夕方って
こんな感じなんだね。










充実と虚無。


ちょっと重たい涙袋を
夕陽で暖める。


そんな。












昨日,「お母さん集団」を見た。



私,今まで生きてて「変」と言われる事がとても多くて
べつにそれに対して自分では何も思わないけど

この先,30になっても40になっても50になっても「変」って言われ続けたら
ちょっと悲しいな。


お母さん集団の中でも「変」って言われたら
ちょっと悲しいな。






ぽっかりと
涙でそう。











今日は万沙子の誕生日。









万沙子はほんとに変だよなー。

誕生日は
おめでとうってゆうよりは,ありがとうってゆう感じだよなぁ。

生まれてきてくれてありがとうってゆう。



万沙子 生まれてきてくれてありがとう。

万沙子がいなくなったら私は止まってしまうので
一生 生きていてね。






ばぁい。

14時間お店にいた
日曜日の売上げが

過去最高だったというのを
右から左へ受け流し



それに対して
自分が何をできたか,
何かできたかい?
と自問自答。

それなりの答えがだせたので
まぁよしとする。







この 「結果的に」 みたいな流れ
よくないなぁ。


でも今日は
自分の意思を人に伝え
ほんの少し
晴れ晴れした気持ちで歩いている。















ピストルさんのブログが最近ちっとも更新されてなくて
頻繁に更新されてる時もあるし,
そんな人間味が感じられるとこもまた好きだなぁ,と思う。




今朝見たら 久々に新しいポエムがあがっていたので
満員電車の中で読んで,

昼休憩にもう1回読んでみたら

一部分言葉が変わっていた。




…って思うんだけど
ひょっとしたら朝 見間違えただけかな。

それはそれで面白いな。











昨日ジムで
70は超えてるであろうお爺さんが
息子さんらしき人に付き添われて
運動をしていた。




よろよろと歩きながら館内を移動して,
自分の意思なのかなんなのか定かではないけれど

息子さんにマシーンに座らされて
それでもちゃんと足やら腕やら動かしていて,
凄いな…って思い,
なんだかその光景が異様で珍しくて不調和で
とてもとても興味深くて

繁々とずっと眺めてしまった。



もしまた会えたら
喋ってみたいなぁ。










ジュンク堂はやっぱり楽しい。

いろんな本がある。

もっと勉強しなくてはならない。


きちんと。 そう,きちんと。