fc2ブログ


なぜだか 万沙子は
わたしを,空からふってきたみたいな人だとよく言う。










昨日の夕方あまり丸くない月を見ていたら

夜に万沙子から「月見てる?」 「ハイジのチーズみたい」とメールがきた。







万沙子は小さいときから月がすきだったんだって。


小さいときからずっと月を見ていたら
ある時その月の穴から
にょきにょきと出てくる私を発見したんだって。








わたしと万沙子の物語の始まり
















眠い。

ってゆうか貧血?

目眩が。







寝たら終わりだと思う休憩中に
寝ないために…とブログをば。










なんだか
また心がふらつきそうな雲行き。

心の隅っこが
じっとり ねっとり ひんやりする。








やばいほんとうに目がとじそう。

でも ねたんじゃなくて
ねさせられたことにすればいいかに












↑ 結局ここまでで目が閉じた。

といっても実際,5分くらいしか寝てなくて
しかもその5分の間にしっかり夢を見た。



社長が,
竹原ピストルと今西太一が好きだと宣言してきた,というなんとも謎な夢。


仕事の休憩中に
社長の夢を見る私…





そんなこんなで残業しーの今帰り。








今日も月がきれいだよ ◯












今思ったんだけどハイジのチーズてなに?ハイジってチーズと関係あるの?私 あの映画見てないからわからない!

ハイジのチーズてなに?
スポンサーサイト





万沙子からあまりにも唐突に,意味がない(ように見える)メールがくるし,


私も万沙子に唐突に,意味がない(ように見えるであろう)メールを送るし,







そういう時って
相手に何かを求めている訳じゃなくて,

ただ自分の感情が届く先があるってだけで
落ち着くものだよね。





誰もいない暗闇に
「ねぇ」って言うのと,


特定の誰かに
「ねぇ」って言うのとでは,


同じく返事が返ってこなかったとしても
全然違う。










私のメールは万沙子によくシカトされるし


私もよくシカトするのだけど


何も返事してないのにも関わらず
数時間後に
「救われたよありがとう」とか言ってきたりする。











こちらとすれば
「あら,そう,よかったね。」
って感じだけど。











万沙子の考えてることなんか全然分からないし
感情の起伏の理由も分からない。



別に分かったところで何って感じだし

いちいち付き合ってられないし
振り回されたくないし

それはお互い様だろうけど,



でも絶っっっ対的な信頼感があるからこそ
成り立つ関係なんだろうなぁ。









夫婦とか恋人同士の間にある「信頼関係」ってゆうのも
これと同じタイプなのだろうか。










私はとても自己中だし
自分本意で物事を考えてるので

万沙子に対する「信頼」というのは

「万沙子はずっと私から離れないでいてくれる」ってゆう信頼で,
だからつまり,万沙子の私に対する信頼を信頼してるんだな。








話が深くなってきました,大変!!




















つまり,

やっぱり万沙子は最高の親友で,
恋人以上の存在で…


私これ以上の信頼関係を他の誰かと築くことはできないと思う!






…ていうのはどういうことだ,あわわ。 やっぱり結婚とかもできないのかな,あわあわ。万沙子よ,君のせいで結婚できないよ,どーしてくれんの。











って文章を書いてる間にも
意味分からないメールを拝受しておる,なんだしアイツ。





ねぇ 万沙子

ねぇねぇ 万沙子

ねぇ 万沙子







やっぱし君のことは嫌いだ!

2013.07.15 あきら









本番直後にプレイガイドを覗いたら万沙子がいたので話しかけたら
扉を閉められた。






メールで,そっけなかったねと言ったら,
そっけなかったのはえりぽの方だ…というので

「えりぽ``ん''!!!!!」

と言ったら
「えりぽのがかわいいのに」と言われた。







…という,
どーでもいー話。
















好きな人がいるのに好きと言えないのは
自分に対する,諦 め だろう。

浮かれた時間もあるけれど
それが持続できないのは
私が「飽きら れ やすいタイプ」だからじゃなかろうか。
つまりは,人になにかを与えることができない人間だということ。





また会いたいずっと一緒にいたいと思う人は

友達にしても,自分になにかしらの影響や刺激を
与えてくれる人だろうよ。









しっかり己と対話し続けて生きてきた25年間があっての今の自分だ。


諦めろ諦めろ。












写真は

今の前髪を気に入っているので
どうにか写真におさめたいと
携帯のカメラで自分をとるために試行錯誤した末の
残念な結果。








さぁ 仕事。






万沙子の あほう。
2013.07.12 カリメロ

前髪を切ったらほんのちょっとランダムになったのが
悪くないなー と思って,

「ぱるるみたい?」ってお姉ちゃんに聞いたら,
「カリメロみたい」だと言われた。




ので,カリメロを検索して画像見てみたけど
大して似ていない。

















今日は 明るい話でもしましょう,夏ですからね。




夏と聞いて思い浮かぶのが
「夏の決心」という曲です。


(毎年言ってる気がするけど)
私,この曲大好き。


一番好きなのは
目標 君は玉ねぎを好きになる ってとこ。
(毎年言ってる気がするけど)






ほんとワクワクするよね,この曲。





暑さを感じる時間帯を避けて生きているし
夏らしいことも全くしないから

「夏」という季節に対して
好きも嫌いも拘りもないんだけど



この曲は大好き。
この曲に出てくる夏に
凄ーく共感できる何故か。








夏ですねー。




山梨に行きたいけれど
40度とかさすがに無理なので
夏が終わるまで待とう。











今日はこれから他店舗へ。

頑張れる気がしない…というのはとても低レベルな理由ではあるけれど,眠いからです。とても寝不足だからです。






明日も明後日も朝早いし

月曜日は伴奏で本番で
なんだか気がぬけない日々。










久々に会う人に
「全然変わってないな」と,
1ヶ月単位とかでも思われたくないな,前進前進っ


と思いました。




行ってきます!









「犯させてー」


というメールを受信。





いいけど。



いいけど,だったら
心までちゃんと犯して下さい,もう2度と立ち直れないくらいに。




体の表面だけじゃなくて
心の底までちゃんと傷つけて下さい。














ピストルさんの
「my dear」という曲が

世界に存在する曲の中で一番すきだ,いまこの瞬間。


でも「君」側の気持ちで好きなのか
「僕」側の気持ちで好きなのか
よく分からない。















久っっ々に仕事終わってまっすぐ帰宅。





こんな時間から泣いている…

お姉ちゃんが帰ってくるあと30分のうちに泣き止まないと。











昨日,万沙子と宇都宮でピストルさんのライブに行った。



他の出演者さんの時,

一番後ろで
万沙子はじっくり聞き入っていて,

私は万沙子にぴったりくっついて
私の50センチ先の足元で,耳栓して蹲って集中しているピストルさんをずっと見ていた。




幸せだったなぁ。









あまりにも喋りかけられずにいたら万沙子に

「シャイだねぇ…それ,おばぁちゃんになっても貫いたら可愛いよ」

と言われた。





大丈夫,おばぁちゃんになっても私こんなだよ,絶対。







頑張って肩つんつんして話しかけたら
くしゃくしゃの笑顔を向けてくれて
もーーーーーーーーのすごくドキドキした。


こういうの恋というんだね。


キュン。












写真は,全然関係ないけど
この間奥多摩に行った時の。


電車から外の山を写真撮ってたら,トンネルに入ってしまった瞬間。
















おともだちに

なってくれませんか?



たいせつな。





おとこのひと きらい


おじいちゃんは庭で畑仕事をしている
おばあちゃんはリビングで新聞を読んでいる

雨はすぐにやんで
空は真っ青

蛙の声に代わって
鳥の声

全部を見渡せる縁側でお昼寝。







おじいちゃんは 癌。

「俺が死ぬまでに結婚するのか?」
という問いに
笑いながら「無理ー」とは
もう言えない。



どちらも全然

冗談にできない。






でもおじいちゃんの性格を一番受け継いでいるのは
私だと思うんだ。

そのことをちゃんと伝えたいな。









おばあちゃんの頭が
こっくりと下がっている。


私がいることも忘れているかもね。

そろそろ帰ろうかな。