fc2ブログ




嗚呼。

とてもわくわくな時間を過ごせましたよ、
「おじさんの顔が空に浮かぶ日」@宇都宮。



「おじさんの顔が空に浮かぶ日」2




先週の強風延期から待ちわびて待ちわびて・・・




錦小で浮上の様子を見てから
自転車で市内をぐるぐる。


いろんなとこで、カメラを持った人とたくさんすれ違って
同じ方向見ながらカメラを向けて会話して、
不意に我に返ると、目の前で起きている状況が面白すぎて面白すぎて笑ってしまったり、

ベストポイントを探して自転車を走らせながら「おじさんおじさん」って
おじさんのことで頭がいっぱいで、

あっという間に過ぎて、とてもとても不思議な時間でした。




本当に「おじさん」だった。

「おじさん」でしかなかった。

佐藤さんでも田中さんでもおじいちゃんでもお兄さんでもお父さんでも、単なる男の人でも,もちろん大きな風船でもなくて

「おじさん」だった。

なんの違和感もなく「おじさん」だった。





「顔会議」で218名のおじさんの顔を大きなモニターでフラッシュのように見て
みんなで1人の「おじさん」を選んだ、
あの時の,もやもやしたものに手をのばし
形を作っていく,そしてそれが確かに皆で共有できた時の胸の高鳴りがまた鮮明に蘇って
空に浮かぶ「おじさん」の顔への愛しさと一致して
不思議な満足感を覚えました。




100人いたら100人が「おじさん」ってゆうと思う。


「おじさん」って言葉がこんなに発せられ
「おじさん」のることをこんなにたくさんの人が考えている空間なんて
後にも先にも他にないと思う。

そうゆうのも、なんか不思議でした。




「ねぇ、あれ誰?」
「知らない。でもなんかどっかで見たことあるんだよなー」
って会話が聞こえてきて、
その通りだと思った。




「おじさん」なんだよ。
「おじさん」。


街によく馴染む2


もちろん違和感がある光景なんだけど
馴染みっぷりが半端なくてシュールで
いろいろ麻痺してました。



そして、浮かんでいるおじさんの顔をみて
なんだか何かを許してもらえてるような、
「いいんじゃな~い?」って言ってもらえてるような、
穏やかで優しい気持ちになりました。


おじさんは、何を見て何を考えていたんだろう。








顔あげ隊の前身,顔収集隊の活動に参加できたこと,

顔会議の興奮,

味わえて幸せでした!!!




こんな素敵な企画を宇都宮で開催してくれて
ありがとうございました!!!






おじさん!!!!

ありがとう!!!!!



もう,愛しくてしょうがなかったです(笑)








先週、現地まで行ったのに延期になって悲しすぎて土の上に描いた顔↓


なみだがお2



スポンサーサイト





最近,星野源の「蘇える変態」を読んでるんだけど
つくづく変態だなーって思う。


星野源名義のアルバム2枚持ってる…くらいでしかなくて
SAKEROCKや俳優での活動は活字上でしか知らなかったんだけど

本読んで,とてもお慕い申し上げてる。








おっぱい って言葉や,おっぱいそのものの魅力についてとか,
アニメの裸の女性に対する興奮とか,
辛い入院生活の中で可愛い看護婦さんとの妄想とか
切々と書いてあって,

私には凄く共感できるというか

なんか凄くそのくだらなさとかしょうもなさを,
れっきとしたものに感じてしまって
それが愛しい。





他の人がどれくらいなのか知らないけど
私の頭の中も,くだらないことばっかり。




とりわけ, 性 の妄想というか,連想が多いかもしれない。




小学校低学年の時,テレビのCMに出てた細川ふみえを見てお父さんが
「細川ふみえはおっぱい大きいんだよ」って言ってて,

なんか今思えばそれが私の「おっぱい」への敬意の始まりだったんじゃないかと思う。

その後,リビングで古い週刊誌の分別をしてたお父さんが
それをパラパラ捲ってて,
肌色率が高いカラーのページになった時に「まずい!!」みたいな顔になって
その瞬間に目があったの。


それで私は「なんだろう,きっと見てはいけないものなんだ!」って悟って
あとでこっそりひとりで見てみたら,水着の女の人の写真がいっぱい載ってて
それが産まれて初めての,大人の女性の体への興味と敬意と憧れだった気がする。


それ以来,今もやっぱり女性の体って好き。





興奮じゃないんだよね。
純粋に「美しいな」と思う。
偉大。









…月曜日の早朝から失礼しましたって感じだけど。


でもやっぱこういうこと考えてると
気が紛れるよね。










今,電車の中を悠然と闊歩してったおじさんの左右の靴の踵に
それぞれ20センチくらいのトイレットペーパーがくっついて一緒に闊歩してった。


なんか切ない。


もし自分が同じ状況になって気づけなかったら
ほんと死んじゃいたくなる…。


トイレットペーパーは踏まないようにして生きて行こうって決意した。






12月も必死に生き長らえましょーー