fc2ブログ
2016.01.11 DRESSCODE:BLACK


昨日は恵比寿リキッドルームに



RUDE GALLERY 主催の

BLACK RUDE NIGHT というイベントに行ってきました。









ものすごーく簡単にいうと


イカツイお兄様方が着るカッコイイ服のブランドが主催の

イカツイ カッコイイ ロックンロールな音楽イベント。


(↑個人的見解)













出演バンドは



a flood of circle

SHERBETS

The Birthday


…と,ロックンロール好きには
ヨダレでるほど豪華。
















でも私がこのイベント知ったのは

オープニングアクトが
THE RODEOS に決まってから。

メンバーのFacebookで。












好きなんす。


大好きなんす。


かっこいいんす。








自分と同世代のバンドが
神のような人達と同じステージに立つなんて。










音楽をジャンルで分けるのは苦手だけど

ラスティック,アイリッシュ,ロカビリーあたりを好きな人には
もうお馴染みなバンドだけれど




今回のイベント,
いわゆるロックンロール…みたいな中では
まだ知られてないバンド。







ちょっと毛色は違うかもしれないけれど
根底は同じ。

ただひたすらかっこいい人達。









オープニングアクトに決まった記事を読んだ時は
震えましたとも。



















私は1人だったし
純粋にTHE RODEOS観に行ってたのって多分凄く少数だったろうから

始まるまで凄く不安だったけど

彼らがステージにでてきた瞬間沸き上がった集団に混ざりこんで
大暴れしました。





かっこよかったし
感動的だったなぁ。













バンドやってる20代30代で
チバやベンジー知らない人なんて
いないでしょ。



ミッシェル,ブランキー

100%聴いてるでしょ。


好きでしょ。


憧れてるでしょ。








そんな人達と,
THE RODEOSが
同じステージだよ。










体ぶつけ合って踊りまくってる私達に
周りの,主にa flood of circleファンは「!!!?!」って感じだったけど



体動いちゃってたよ
だってかっこよかったもの。











最後は,周りのお兄さん達号泣…






「ありがとうロデオズ」




「最高だよロデオズ」


って。








「ありがとう」ってみんなで握手しました。






ありがとう。
THE RODEOS
















SHERBETSもThe Birthdayも


そりゃあかっこよかったです。





しかしごめんなさい,
The Birthdayは5年ぶり
SHERBETSは初めてでした。
1曲も知らなかったの
あの会場の中で私だけじゃないのかしら(笑)



でもやはりすごいね。
歓声が野球場にいるみたいでした。(言ったことないけど。)

歓声で空気が揺れるのよね。



ベンジーのギターはセクシーで
チバは物凄い貫禄でした。




続ける って本当にすごいことだよね。
何十年も。


28歳なんて
まだまだまだまだひよっこだよ。












そして
a flood of circleも


20代の前半の時めちゃくちゃ追いかけてたバンドで

ボーカルの佐々木さんがめちゃくちゃ好きで。


5年前の同じイベントでオープニングアクトだったんだけど
あの時はまだ知名度高くなくて
超アウェ-だった…


それでも
「今日は先輩達ぶっつぶしに来ました。」
って叫ぶ佐々木さん
素敵だったなぁ。






あれから5年で
こんなになったんだ…って

昨日涙でそうになりました。

超盛り上がってた。











5年後のTHE RODEOSも
楽しみ…






本当にいろんな感動や興奮をもらったイベントでした。



私も頑張らねばならぬ…。
















そして暴れすぎて
体痛い…





首がまじで30度くらいしか上がらない…









嗚呼…


ありがとうございました…


スポンサーサイト






仙台出身のアーティスト
越後しのさんの個展
「ゆめかうつつか」に
お邪魔してきました。


ume.jpg




今日は初日だったので
ギャラリートークも有りで。


代官山のギャラリー
SREAK FOR
にて。


http://blog.galleryspeakfor.com/?eid=675



いろいろなご縁があり
期間中のギャラリー内のBGMを
担当させて頂いてます。



ここのギャラリーは
絵や作品を見る以外に
その作家さんのポストカードだったり文房具やTシャツみたいなものが
割とお手頃な値段で購入できるのが特徴で

ギャラリーでありつつ
アートショップな感じ。



一目見て
「あぁ 好きだなぁ」
と思った越後さんの絵

そんな絵がプリントされたトートバックを
私も買ってしまいました。




IMGP6829.jpg


確か2000円ちょっと。


可愛いです。










BGMを担当するにあたってオーナーさんから言われたことが


・作品の世界観をだしつつ
主役である作品を邪魔しないこと。


・音楽に気がいかないようにすること。


・居心地のよさをかんじる音。


・ついつい長く居てしまう,ついつい買ってしまう…そんな購買意欲をそそる音楽(!?)


↑この中で石田さんの個性を
ギリギリまでだして下さい。


…という感じ。







こんな風に聞くと難しそうだけど
越後さんの作品は

私の演奏のイメージと近いものを感じて
1時間のBGMをあっという間に組み立てられました。


主には映画のサントラやちょっとした効果音,

繋ぎの部分や
補いきれない部分に
ピアノの演奏を録音して入れました。









少しダークでクールで
でも暖かさや愛しさを感じるような。



そんな世界観を,




1時間を通して聴くのはもちろん

たまたまギャラリーに来た方の滞在時間になるであろう
10~15分くらいを
1時間のうちのどこで切り取って聴いても感じられるような


そんな流れができたんじゃないかしら。








オーナーさんからもだいぶお気に召して頂けて
本っ当に良かったです。


また次の機会も頂けそうです。

有り難し。











そして越後さんの絵

とても素敵でした。




絵の知識はないし
わからないけれど





いい悪い好き嫌いは心が感じる。



越後さんの絵は
女の子や動物がモチーフになっているものがほとんどで

絵の中の生き物の眼と
心を通わせられたような気が
勝手にしました。

なんか自分と喋ってるような。



いつまででも見てられるような気がした。


また行きたくなってしまったもの。







好きです。
良いです。

とてもとても。







おしゃれタウン代官山のお散歩がてら
行ってみてはいかがでしょうか?

代官山TSUTAYAのすーぐ近くです。

素敵な作品が見られて
素敵なグッズが買えますよ。







素敵な御縁に感謝です。





どろん。
2016.01.01 1年の長さ。
明けましておめでとうございます。




31日のお昼に帰省,

今日は家族で
おばあちゃんの生活する施設と,
おじいちゃんの家に行ってきて

今は東京に戻る電車の中です。


膝の上にうにを乗せています。











写真は,
おばあちゃんに書いた年賀状と
プレゼントしたカオマル君です。



2016.jpg







カオマル君は,ジョブ先 アッシュコンセプトの自社ブランドからだしている
ストレス発散グッズです。


「握り心地がとても面白いのと
握り潰した時の顔が可愛くて
イライラも収まって思わず笑顔になっちゃうんですよぉ(・∀・)」

(↑接客風)








おばあちゃんもにぎにぎしてくれました。


…笑顔にはなってもらえませんでしたが。









おじいちゃんも
今は目もほとんど見えないようで
1週間に何度も転んで病院に運ばれ
顔面も傷だらけでした…。

頭がしっかりしているだけに
周りも大変そうです。











お母さんと叔母ちゃんが
おばあちゃんのものを処分する話を進めていて

なんだかいてもたってもいられず
お姉ちゃんと2人で
田舎道を腕を組んでお散歩しました。













老いって
ほんとどうしよもないし
周りのストレスも半端ないよね。





叔母ちゃんも
介護との両立ができず
仕事やめるそうです。









でも仕事をやめて
介護だけと向き合っていたら
余計に苛立つことが増えてしまうだろうし

頭では分かっていても
例えば怒鳴ってしまったり
手をあげてしまったり…って
あると思う。






でも誰も悪くない。

誰も悪くないからこそ
辛いよねぇ。





私は孫ではあるけれど
まだまだ冷静に
第三者としていられるから



少しでも
おじいちゃんに会いに行って
その間だけでも叔母ちゃんやお母さんに
リラックスする時間を作ってあげられたら…と
思っています。

できるだけ ね。











「お正月全員揃ったのも
2年前が最後だったね」

とか

「今年はバーベキューできないかもね」

とか

「おじいちゃんの葱も
今年で最後かもしれないよ」

とかそんな会話が増えて,

いろいろリアルに受け入れていかなきゃいけないんだ,と
でもまだついていけきれずにいます。



まだ歩けるうち,
意識がしっかりしているうちに,
と思っていたよい報告のあれやこれやも
できるかどうか…。






してあげられることはしてあげたいと思うし,
安心させてあげなきゃ
成長した姿を見せてあげなきゃ
幸せな姿を見せてあげなきゃ…と思う。








祈るような気持ちで。








どうにか1日でも長く

私の大切な人たちが
心身ともに健康で過ごせますように。
... 続きを読む