fc2ブログ

今,1時間くらいの時間潰しで
渋谷のケンタッキーにいます。




多分これまでの人生で
10回もケンタッキーに入ったことないんじゃないかしら。











昔の,
自分の強いこだわりとか
頑固な部分は
今はなくなって

どんな場所でもふにゃっと馴染んで
へらへらっと笑えるようになって

よく言えば
「角がとれて丸くなった」
ってやーつだけど




悪く言えば
「自分」というものがなくなった。
そんな気がする。







おかげであまり傷付かなくなったけど
それがいいのか悪いのか分からない。











社会にでてから
年上の方に遊んで頂くことが多くて,


私はそんな中で
「経験を語れる人間」に憧れた。




なんだっていいんだけど。


京都が好きだ とか
このバンドが好きだ とか
こんな人に影響受けた とか
ヨガは素晴らしい とか
こんな男と付き合ってた とか
こんな女とヤッた とか
あの店の珈琲は美味しい とか
職場にこんな人がいて とか


なんだってよくて
私はその話を聞くことじゃなくて
自分と違う世界の切り取り方を知れて
楽しかった。



そんな風に話ができる人は凄いと思った。


そんな風になりたいって思ってたけど
今の自分,真逆だなぁ。


昔はそこそこ自分のこと
面白い人間って思ってたけど
今は完全につまらない人間だなぁ。




どっかに落っことしてきちゃったのか
なにかに埋もれちゃったのか。









…って。

久っ々に自分という人間と対話していたら
時間気にするの忘れて
待ち合わせに遅刻フラグだよ。

全然間に合わないね
ごめんなさい。






2016年も早くも折り返しで
面白そうな場所やイベントで演奏できる機会を頂いているので
下半期,もうちょっと人間性を磨き直して
豊かな表現に結びつけられるように
生活の中での意識を変えていきたいと思います。





たくさんの人に

お目に,お耳にかかれますように。
スポンサーサイト




こんにちは。




石田えりです。





何かの縁や
たまたま偶然で
覗いて下さった方

ありがとうございます。








主には
ピアノ表現 と名乗っているけど

それだけで食べている訳ではないので
フリーランス という方が正しいかもしれません。




音楽に関して言えば
ソロでのピアノ表現の他
伴奏の仕事や
BGM演奏,
はたまた選曲の仕事なんかもしています。


企画や制作
マネージメントもやったりします。



音楽以外でも
飲食業での調理や接客
販売の経験もあるので
見かけによらず
割となんでも,そこそこできます。








フリーランスは自分で仕事をとりに行くので大変でもありますが
思いがけない出会いもあります。





とりわけ,
ピアノを聴いて
誉めて下さったり
応援して頂けると

心底嬉しいです。






そのような感じで生きてます。





またお会いできますように。








ありがとうございます。

MOROHAワンマン「単独」

とっても良かった。





リキッドルームでのワンマンが発表されたとき
正直「え…大丈夫なの?」って思った。



初めて見たのはいつだっけ。

去年か一昨年かな?

何回か行ったライブ,
フロアがパンパンなこともあったけど
何組かでる対バンイベントなんかではすかすかなこともあって

だから,いくらなんでもリキッドは大きすぎるんじゃないかって思ったけど。





2列目にいた私は
開演が近づくにつれて
「もう1歩ずつ前にお詰め下さい」ってゆうスピーカーからの声に

心も体も押し潰されそうでした。




予定時間を10分くらいすぎてやっと2人が現れた,
ほんとそれだけで泣きそうでした。





かなり本格的なカメラが入っていて
私はその画面を覗くことができて,

シンプルなステージに光があたって
白いシャツに黒いパンツの2人が
なんだかすごくすごく美しく写っていて

それもとても感動的でした。


なんか,単に「画的に」なんだけど
すごく美しかったの。
なんだろうあれ。














MOROHAのお二人とは同じ年。

別に,だからって訳じゃないけど
やっぱ別格に好きだなぁ。













初めてライブ見た時,けっこう耐えられずに
殴りかかりたくなって拳を握りしめた。


それは MOROHAに じゃなくて
紛れもなく,
戦いきれてない 自分に なんだけど。


「なんでそんなこと言うの?
なんでそんな痛いとこつくの?」って

めちゃくちゃ悔しかった。




アフロさんの真っ直ぐな目が
辛かった。











リキッドルーム,一番最後のMC

「どこにも属せなかったんですよ…」

から始まった。


泣いたなぁ。


ロックンロールのイベント
フォークのイベント
ハードコア,ヒップホップ
いろんなジャンルのイベントに呼ばれた。

大切なのはジャンルじゃなくて伝わるかどうかってことで,
ちゃんと伝われば
「お前らロックだ」と「お前らヒップホップだ」と
認めてもらえる。

…って。






なんか勇気をもらいました。

私もピアノを弾いているけど,
自分自身でも自分でやっていることを一言でうまく表せない。


「クラシック?」
…いや,クラシックではあるんだけど
ホールでドレス着て弾いたりはあまりしないんだよ。

「即興もやるの?」
…いや,ショーの流れを見たら即興的な感じだけど
既存のものしか弾けないんだよ。

「自分で作曲したの?」
…いや,演出上そう見えるかもしれないけど
アレンジや作曲はしてないんだよ。








でも「伝わった」って実感を感じられる時もある。


言葉じゃ表現できないけど。





曲じゃなくて
気持ちを伝えたい。

今までの人生で行ったことあるコンサート,
聴いたことある曲じゃなくて

今,ピアノを弾いてる
石田えり を見てもらいたい。





誰かが歩いた道は
私の前にはなくて
だから躊躇してしまう。

どんな世界が待ってるのか分からなくて怖い。





でも,満員のリキッドルームのステージに立った私と同じ年のアフロさんとUKさんはカッコ良かった。

ありがとう。









夏は鹿児島にストリートピアノワンマンショーやりに行きます。


今日明日は長野でロビーコンサート。






伝えるために

弾いてきます!